太極拳

ブログの模様替え

ブログを始めて早くも半月が経ちましたので、ちょっと模様替えをしてみました。背景が明るくなったことで、少しは読みやすくなりましたでしょうか。

 

ずっと何にしようか悩んでいたアイコンは、私の大好きなチロルチョコにしてみました。日本人に愛され続けるこのチロルチョコのように、このブログも皆さんに長く親しまれるものとなりますように。

 

太極拳

さて、今回は趣味の話をしたいと思います。

 

これは数年前に太極拳教室に入会したての頃の写真。

f:id:naokongue:20160924221438j:plain 

左から二番目、黒いTシャツを着たボサボサ頭が私です。練習のときはだいたいポニーテールにするのですが、この日は教室のHP用に撮影があると聞いていたのに、たまたま髪ゴムを忘れてしまったのでした。

 

 太極拳って一応格闘技なので、やってみると意外とハードなのをご存知ですか?

腰から下の動きはすべて重心移動で、そして手には気をまとい、宇宙との一体感を感じながら一つ一つの動きをゆっくりと、そして丁寧に進めますので、息も上がるし喉も渇くし、かなり体力を消耗します。

慣れてくると呼吸を整えながら動けるようになるのですが、とにかく見ているほど簡単じゃないんですね。なかなか型を覚えられず、最初の半年くらいは同じ型ばかり練習していました。

そして、女性の生徒さんが一人抜け、二人抜けと減っていくうち、いつもオレンジTシャツでキメてくる老師さまの加齢臭に私もとうとう耐え切れなくなって、一年もせずに辞めてしまいました。

「お尻を引っ込める!」「もっと股関節を回して!」「右足こっちで左足あっち!」と中国雑技団レベルの芸当を要求してくる(当時の私にはそうとしか思えなかった)オレンジTシャツの老師さまの檄が飛ぶたび、「んなことできるかーっ!」「簡単にいうなーっ!」「これでも一生懸命やってんの。文句あるんかーっ!」と心の中で悪態をついていた日々が懐かしいです。

 

因みに、私が通っていた教室は青山墓地の直ぐ側にあります。

乃木坂の駅から青山墓地を突っ切っていくのが最短ルートだったので、会社帰り、街頭もまばらで薄暗〜く、携帯の灯りだけを頼りに一人歩いていくのはたまらなくスリリングでした。

青山墓地って都会のど真ん中にあるのに本当に大きいんですよ。途中でパニクって走り出しても直ぐには出口に到達できないので、平常心で移動できる勇気がない方にこのルートはオススメしません。携帯マップで教室の位置を確認しながら歩いていくと、近くに初代・中村吉右衛門さんや政治家・吉田茂さんのお墓の位置なんかも表示されます。

 

そろそろ夜も更けてまいりましたので、今日はこの辺で。