アンタイトル

ここのところいろいろあって、大好きなプロレスの試合を観る余裕がなく、

ぼーっとしてる間に新日本で鈴木軍がやりたい放題に暴れてるではないですかっ!

(チラ見しただけなので、本当はやられ放題だったりするのかもしれませんが)

飲み物を片手に、しっかり!ちゃんと!新日本プロレスワールドを、特に後藤洋央紀選手の試合を堪能したい!という極度の欲求不満状態の私です。

 

このひと月で服がワンサイズ・ダウンしました。この調子であと2サイズ!といきたいですね。「痩せてキレイになったね」とは誰も言わないところみると、元がそれなりだということでしょうか。

確かに、モテキなんて一度もきたことないし、声以外を褒められた記憶がない。。。

「声を褒めるのは、そこ以外に褒めるところがないからだ」と、ブログ仲間が言ってました。その時は「あ!そうなのか。なるほどね〜」と、妙に合点がいってしまったのですが、これってちょっとマズイですよね。

 

自分のいいところを、自分なりに探してみました。

1 気が長い

信用してる相手のことなら、たとえ3000年でもきっと待てるだろうなーと思うレベル

2 寛容

大抵のワガママは聞いてあげられる。きっと男だったら女の子にモテたと思うレベル

 

それ以外には特にない。