美術館へ行ってきました

初代のころからずっとiPhoneを愛用してきた私ですが、格安SIMに乗り換えるためAndroid携帯に変えたのは今年2月のこと。まだ3ヶ月しか経っていないのに壊れてしまいました。これまで落としたり、水に濡らしたりしたことは一度もなく、大切に扱ってきたはずなのに、突然動かなくなってしまってお手上げ状態。もしかしたら寝てる間に壁に投げつけたり、踏んずけたりしていたのでしょうか。目覚まし時計代わりにつかっていたので、大いにあり得ます。やっぱりiPhoneに戻そうかと迷いましたが、もう一度、Android携帯に挑戦。今度の機種は前のよりずっと相性がいい感じです。

 

午前中はアプリの設定やら何やらで潰れてしまいましたが、午後から下北沢のDr.ストレッチで硬くなった腰回りの筋肉を伸ばしてもらってスッキリしたその足で、六本木の新国立美術館まで行ってきました。暑くもなく寒くもない過ごしやすい初夏の陽気に、足取りも軽くなります。気分はすっかり低燃費少女ハイジ。

 

草間彌生さんの「わが永遠の魂」が開催されています。
f:id:naokongue:20170430234757j:image

珍しく撮影OKの展示室があったので、一枚撮らせてもらいました。

f:id:naokongue:20170430234806j:image

草間さんは幼いころから幻聴や幻覚に悩まされ、今でも自殺願望があるとか。絵に打ち込むことで心を解放しているそうです。どの作品もカラフルで愛らしく、そしてエネルギッシュで宇宙を感じる、そんな印象でした。音声ガイダンスを借りると、作品の解説の他に、草間さんご自身の声で綴られた詩や歌も聴くことができ、作品がより味わい深いものになるのでオススメです。

 

見終わった感想は、「絵が描けるっていいな〜」でした。絵心も表現力も皆無ですみません。せめてウソでも「私も絵が描きたくなりました〜」って気持ちになれれば良かったのですが、中3のとき美術の成績が10段階中2だった私は、筆を持つとどうも心が落ち着きません。絵とか、日記とか、詩とか、心を映すものはなんでも苦手。うっすらと記憶にあるのが、人前でさらされて馬鹿にされて泣いたこと。よくわかんないけど幼いころのトラウマってヤツですかね。なのにブログは続けられている。それはひとえに暖かく見守ってくださる皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。

ホントに絵が描けるようになったらいいな〜。何かコツがあれば教えてください。